白薔薇 PunkRockerS



舞-乙HiME 第7話「蒼の舞/乙女の契り/君の前でピアノを弾こう」的感想

今回のハイライトはやはりOP後のあの2~3秒のシーン。
「シズナツ同棲生活の一コマ」に尽きるでしょう。
セリフがなくても満足なのさ

今回も俺らしい文体で書いてみました。(俺らしさに溢れすぎて本編のあらすじが記憶から消えている場合が往々にしてあります)




読書をしてくつろぐナツキ。
目の前でピアノを弾くシズル。
触れ合う視線 あの時君は微笑んだね
そう、見つめあって微笑んでるっ!(見つめ合ってたかどうかはわからんがたぶんそうだよね?)

何この愛(〃▽〃)

シズル「ナツキ、読書は後でええから・・・」
とかなんとかいっちゃって~、あのどうみても二人用のデケぇベッドでパヤパヤ~
いや、むしろパヤパヤした後の光景だったのカナ?ナツキ上着脱いでたし。

第一話からこんな感じでコツコツとジャブを当てられて、俺はもうダメージが足にきてるぜ脳にもきてるぜ
[PR]
by blast_nana_hati | 2005-11-21 13:09 | 舞-乙HiME
<< 今週のブリーチを読んで思ったこと 不毛な妄想 >>


http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/